G20052 インドネシアの人々にとってGojekが必要不可欠なアプリになった理由

初めに

インドネシアには約2億7100万人が住んでおり、人口の多い国で4位にランクされています。ジャカルタのような非常に混雑した都市に住んでいたら、ある場所から別の場所への通勤には15分かかると思われますが、おそらく2時間かかる可能性があります。 2016年以前は、ジャカルタの公共交通機関はほとんどありませんでした。これにより、個人所有の交通機関が大量に発生し、市内各地で交通量が増加しました。

目的地に早く到着するために、「オジェク」と呼ばれるタクシーバイクがありました。Gojekの創設者、Nadiem Makarimは、オジェクが人々を連れていくことができるだけでなく、食べ物や荷物を届けるなどの他の問題を解決する可能性があると考えました。当初、Gojek が2010年に最初に設立されたとき、4つのサービスしかありませんでした。

Go-send :小包を配達する

Go-food :食べ物を届ける

Go-drive :人を届ける

Go-shop :食料品を配達する

Uber vs. Gojek

2014年に入力されたUberアプリは、基本的に全国を運営していました。当時、オンラインタクシーは通常のタクシーよりもはるかに手頃で実用的だったため、最初は成功しました。しかし、Uberは西洋のビジネススタイルを東南アジアの市場に適応させることができず、2018年にインドネシアからの離脱を発表しました。

UberがGojekと競争できなかった理由は、オンラインの自動車タクシーという1つの主要なサービスがあっただけでなく、支払いが現金のみに制限されていたためです。繰り返しになりますが、ジャカルタの交通量は膨大で、車のタクシーを利用しても時間内にどこにも行けません。

当初から、Gojekの主な焦点は、多くの困難な地域の問題を解決できる相互接続されたサービスを作成することにより、スーパーアプリになることでした。 Gojekは、オジェックの既存のネットワークを使用して、ライドシェアリング、フードデリバリー、さらには宅配便サービスを提供しました。 Uberとは異なり、GojekはデジタルウォレットであるGo-Payを使用して金融インフラストラクチャを構築しました(日本のPaypayや中国のAlipayに似ています)。 Go-Payを使用すると、消費者はすべてのGojekサービス、毎月の請求書、オンラインショッピング、レストランの請求書、基本的にすべてを支払うことができます。

インドネシア人の戦争と生計に対するGojekの影響

Gojekは、ショッピング、マッサージ、美容と化粧品、ハウスクリーニング、発券、自動車修理などのサービスの拡大以来、インドネシア人の生活に欠かせない存在となっています。 2020年のパンデミックの発生により、ホームサービスの終了を発表し、ロジスティク分野に重点を置きましたが、この5年間で、国の経済に約7億3200万米ドル(約50%のインドネシアのGDP)を寄付しました。 

今日、400万人以上のオジェックドライバーは、Gojekが力を与えた唯一の零細起業家ではありません。たとえば、Go-Foodは、多くの新しいレストランがビジネスを拡大するためのプラットフォームになっています。レンタルスペース、テーブルと椅子はありませんが、Gojekのドライバーのおかげで、キッチンから25km以内で顧客にデリバリーすることができました。

たとえば、一人の高校の友達が、パンデミックの最中に自宅からフライドチキンを販売し始めました。彼には実際にお店がありません。ですが、SNSの宣伝とGojekのプラットフォームのおかげで、自宅から直接販売出来るようになりました。その結果、1年以内で支店を増やし、想像以上に成長しました。最小のコストで新しいビジネスを始めることを可能にするだけでなく、新しい起業家はこれまでにない実際のレストランと同じくらい、あるいはそれ以上の利益を得ることができます。

意見

Gojekが成功した理由は、会社の成長そのものではなく、社会経済の成長に焦点を合わせていたためです。誰でもお店を持てること、販売出来ることはGojekの特徴です。デジタルプラットフォームの成長は、今日、かつてないほど大幅に増加しています。ライドヘイリングとデジタルウォレット業界から始まった例の1つであるGojekのおかげで、多くの新しいビジネスが生まれました。

スーパーアプリと呼ばれる理由は、1つのアプリで多くのことができるからです。構築したエコシステムは、顧客がアプリなしで生活することを不可能にしています。もちろん、このスタートアップの急速な成長は、膨大な人口と関連しています。

日本に住む留学生として、Gojekが提供するこれらの複数のサービスにアクセスするには、Uber Eats、DidiTaxi、Paypayなどのいくつかのアプリケーションをダウンロードする必要があることに気づきました。データを何度もサインアップする必要があるため不便であるだけでなく、これらのアプリをダウンロードするとスマーホのストレージが大量に消費されます。

日本は現金ベースの国として知られていますが、最近、PayPay、LinePay、AuPay、RakutenPay、D払い、MercariPay、FamiPayなどの民間企業の間でデジタルウォレットが台頭していることに気づきました。このデジタルウォレットのユーザーは、使用するプラットフォームによって異なる場合がありますが、これらすべてのアプリを使用する場合、お金の行き先を追跡および管理するのはかなり複雑です。

私が見る限り、ほとんどのデジタルサービスは、すべての人間が日常的に必要とするものを提供しています。輸送、食事、コミュニケーション、そしてお金。将来、ライフスタイルを向上させ、多くの人々を助けるために、新世代はどのような新しいデジタルサービスを社会に提供できるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


〒545-0003
大阪市阿倍野区美章園2-23-9
© OCA Digital Design Course All Rights Reserved.